借り入れた金額を返済する際に支払う利息を計算するにの使用するものを金利といいます。
利息とは言わばお金を借りる際のレンタル料のことを意味します。
金利は基本的に年率で表記され、1年間お金を借りた場合に発生する利息の割合を表記しています。
10万円を金利18%で借りれば、1年後の支払利息は10万円×18%=18000円ということになります。
月利や日歩で示すこともありますがキャッシングやクレジットではまず利用されることはありません。
利息の割合を示すものを金利、利息とはお金を借りる際のレンタル料または手数料と思っていただければよいでしょう。
業者が表記している年率には金利以外の費用も含まれており、これを実質年率と言います。
キャッシングに申し込むと審査が行われ、それには調査や書類の作成といった様々な費用がかかります。
しかしそれらの諸費用を申し込み毎に計算するのは効率が悪いですから金利に含めているのです。
法律でもそうするように決められています。
カードローンやキャッシングの金利上限は法律によって定められていますが、その範囲内であれば設定は業者の自由となります。
ですから同じ借入限度額でも業者ごとに金利は異なります。
利息の支払額を少なくしたいのであれば当然ながら金利の低い業者を選ぶようにします。
基本的に銀行が低金利で消費者金融は高金利となります。今すぐお金を借りたいならどこ?